2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

清水寺

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 22:40
京都を代表する寺院の一つであり、
板の看板にもなっている
この寺のスレッドがないのはなぜだろうと思い、
立てました。

公式HP
http://www.kiyomizudera.or.jp/

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 23:12
しみず

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/21 23:51
あけまして

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 00:11
京都東山清水寺の境内に
全国の清水寺の地図リストを見たような見てないような記憶が。

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 01:08
地主神社についても併せて語ってよいのか

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 01:30
関連
西国三十三ヶ所霊場巡り
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/950793662/

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 01:57
これも関連
「「「「水」」」」スレッド
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1052525995/


8 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 11:21


9 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 11:49
昨日 20年ぶりに逝ってきますた

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 17:08
あそう

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 21:40
ぼったクリ清水寺

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/02/22 22:15
宝蔵殿(大講堂)が公開されることはあるのでしょうか?

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/02 20:34
 竹フィラメントランプ
 27日から清水寺照らす

 風を受けると光が揺らぐ竹フィラメントランプを、半導体製造ベンチャーのアーベル・システムズ(京都市西京区)と京都大の川上養一助教授が開発、2日に清水寺(東山区)で披露した。
27日から同寺で始まるライトアップで、ハイテクの灯火が仁王門などを照らし出す。

 フィラメント部には洛西の竹を使った。
炭化した竹にナノ(10億分の1)メートルサイズの金属微粒子を加え、銅線との接続部を微細加工するなどして焼き切れを防ぎ、エジソンが手掛けた竹フィラメントの4倍超の2000時間の長寿命化に成功した。

 微細なひずみを感知できるセンサーがランプ台にあり、風の強弱に応じてランプの光の強さを細かく調節し、ローソクのほんのりした灯火が風に揺らぐ雰囲気を実現した。
竹で編んだ覆いをかぶせ、27日から4月11日まで行われる清水寺の夜間拝観で、仁王門や西門に50個配置する。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2004mar/02/W20040302MWD1K1E0000070.html

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/06 16:12
 バンダナで「平和」訴え
 イラク戦争1年、清水寺貫主が揮ごう

 市民グループ「STOP!イラク派兵・京都」(黒木順子、服部待代表)は、イラク戦争から1年を迎える3月20日を機に、より広く反戦、平和を訴えようと、7色に染め分けた虹色の生地に京都市東山区・清水寺の森清範貫主の揮ごうで「平和」と記したバンダナを作る。

 反戦のシンボルとしてイタリアで広まった「虹色の旗」のように広めたいという。

 同グループは昨年11月に、宗教者、労組、市民が結成し、イラク戦争と自衛隊派遣に反対する集会やピースウオークを行ってきた。

 「PACE(パーチェ=平和)」の文字を入れた虹色の旗を窓辺に掲げて反戦の意思表示をする運動を知り、京都でも広めることにした。

 京都でつくるバンダナは、約50センチ四方の虹色の生地で、墨の色で「平和」と印刷する。
6日、筆で力強く「平和」と書いた森貫主は「イラクの人々の平和を願い、心をこめて書いた。戦争は戦争を招くだけ」と話した。

 3月20日に、米国の反戦団体が呼びかけた世界同時行動に応じてピースウオークを行う。
午後2時に鴨川の三条通−四条通間の河川敷に集合し、円山公園まで歩く。
バンダナは1枚500円で販売する。
問い合わせは〒611−0031宇治市広野町西裏99の14、自立労連気付「虹色の旗」係Tel:0774(43)8721。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2004mar/06/W20040306MWD2K100000023.html

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/18 20:59
 「幻の織物」織物匠が製作
 蓮糸織几帳、清水寺に奉納

 仏教とゆかりの深いハスの繊維を用いた織物「蓮糸(れんし)織(藕絲(ぐうし)織)」。
その希少性から「幻の織物」と呼ばれる蓮糸織の几帳を、京都市北区の織物匠「華陽」の田中貴之さん(44)が製作し、18日、東山区の清水寺に奉納された。

 蓮糸織はハスの茎から繊維を取り出し、それをより合わせた糸で織った織物。
几張は五張製作し、最大で縦約1メートル、横約3メートル。紫に染めた蓮糸で草花文様を織り、残りは絹を用いた。
花の中には金ぱくを施した。

 仏が乗る台座などハスと仏教の関係は深い。
蓮糸織に関する記述も古くは「日本書紀」にある。
奈良県のたい麻(当ま)寺の国宝「当麻曼荼羅(まんだら)」も、蓮糸で織られたと同寺に伝わる「中将姫伝説」が伝える。
しかし実際は蓮糸ではなく、蓮糸と伝わる織物はほとんどが絹製という。

 田中さんは、ミャンマーの高地の湖に自生する特定種のハスで蓮糸織が織られていることを知り、2年前から現地を訪問。
現地の人たちが信仰のため、ハスの茎を折って微細な繊維を引き出し、よった糸で仏像にかける袈裟(けさ)などをわずかに生産していることに感銘を受けた。
希少な糸を仕入れて蓮糸織に挑戦した。

 この日、清水寺本堂で森清範貫主が読経し、几張を奉納。
森貫主は「貴重なものだけにありがたい。これで本堂の仏様の周囲を荘厳にし、多くの方が目にして心を新たにしてもらえたら」。
田中さんは「蓮糸織が希少なのは、経済最優先の社会で大量生産に向かないこともある。今後も商品ではなく、信仰のための品として作りたい」と話している。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2004mar/18/W20040318MWD2K100000071.html

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/27 00:29
 夜桜照らすハイテクの炎
 清水寺 特別拝観を前に試験点灯

 京都市東山区の清水寺で、夜桜を楽しむ恒例の夜間特別拝観が27日に始まる。
26日は試験点灯があり、約500基のライトや灯火が、清水の舞台で知られる国宝の本堂などを照らした。
春の夜間特別拝観は13回目。
例年同様の照明設備に加え、風を受けると光が揺らぐハイテク灯火「風月灯」50基が初めてお目見えする。

 風月灯は、特殊に加工した洛西の竹をフィラメントに使い、センサーで風を感知する仕組み。
西門の階段や経堂の周囲に置かれ、風が吹くたびにはかなげに揺れ、ろうそくの明かりのような風情を醸し出していた。
境内のサクラ約1000本はまだつぼみで、1週間後に見ごろを迎えそうという。

 拝観時間は午後6時半−同9時半。拝観料400円(小中学生200円)。4月11日まで。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2004mar/26/W20040326MWD2K100000087.html

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)