2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

神様見ていますか?

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 11:40
板違いかもしれないですが立てさせて下さい。

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 11:48
彼女と初めて出会ったのは彼女の誕生日の前日でした。
初めて見た瞬間から、可愛いと思った
時間は午後11時ぐらい、その時「あと少しで23歳の誕生日なんだよね」
って聞いて「じゃあ23歳おめでとうを一番最初に言えるのは僕だね」
なんて言ってたのを今でもはっきりと覚えてます
実際、嬉しかったのもあったし・・・
出会った場所はあまり人に胸を張って言える場所では無かったけど
彼女と出会えたことは今でもよかったと思ってます
まだ去年の出来事だし、記憶が曖昧になる前に今の気持ちを書かせてもらいます

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 11:55
それからの自分は忘れかけてた恋愛の楽しさ、辛さを思い出しながら
必死で彼女を口説きました。
時には臭いセリフも言ってた気がします
はじめのうちはあまり電話やメールもしてなかったけど
メールアドレス交換してなかったのもあったし、仕事も忙しいみたいだったので
電話をするタイミングが掴めなかったってのもあった
最初はショートメールでいろいろ話をしてたんだけど
ある日、彼女とたわいもない話しが盛り上がって
「文字数制限あるからアドレス教えて」って言われてからメールの回数が増えた気がする

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 12:02
初めてデートの約束したときはドタキャンされたけど
なぜかあまりムカつきはしなかったよ
それどころか逆に彼女のマジメな部分が見えた気がした
あまりよく知らない相手の車に乗るのは確かに勇気がいる
あの時の自分には忘れていた感覚だった
世間の裏側の汚い部分を散々見てその中でもがくように生きていた自分
彼女は自分がどこかへ置いてきてしまった普通の感覚を思い出させてくれた
彼女と会話するとたわいも無い話が楽しかった
毎日、仕事としがらみに疲れきってた自分が唯一、ホッとできる存在だった


5 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 12:10
自分が風邪をひいたって言ったら次の日の夕方に電話がかかってきて
「今、どこにいるの?」って言われたので○○にいるって答えたら
「私は○○にいるんだけどこっから近いの?」って聞かれたから
そっちの方に行くところだって答えたら「待ってるから来てくれる?」
って言われて意味解らずに向かってついたら風邪薬を買って待っててくれたね
あの時のやさしさは今でも忘れない
そこまで他人のことを自分はあの時は考える余裕が無かった
「もしあの時に近くにいなかったらどーするつもりだった?」って聞いたら
電話で住所聞いて何とかして渡しに行くつもりだったって聞いて
本当に嬉しさと忘れかけていた人の優しさを感じた

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 12:17
昼も夜も毎日働いて1日も休みが無くなぜそこまでして働くのか聞いたら
お父さんがC型肝炎で長くないからお金が必要だって言ってた
もってあと3年って聞いたときもC型肝炎が解らなかったから
大変だねって適当な返事をしていた
病気でお金がかかるのに自分を大学まで行かせてくれた親にちょってずつでも
返して行きたいから頑張ってるって答えた
その話を聞いて世の中にはこんなに家族を大切にする子供もいるってびっくりした
でもその時にはまだC型肝炎の話ははっきりいって他人事のように聞いていた

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 12:25
必死で自分の気持ちを伝えて12月25日に初めてのデートをした
クリスマスだからってなにも出来なかったけど
自分の気持ちを受け止めてくれて疲れてるのに
逢ってくれた事が嬉しかった
その日からが僕と彼女のスタートの日になった
毎日、少しでも時間があるときは逢って話しをしたね
15分や30分くらいの日もあったけど毎日
彼女の顔が見れるだけで幸せだと思えた
年末、年始は実家に帰るから最後にあったのは27日だったかな?


8 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 12:31
それからの年末、年始は仕事の挨拶や忘年会、新年会でばたばたしてたけど
1月の7日に帰ってくるって言ってたその日が来るのが楽しみだった
あんなにたかが10日くらいが長く感じたのは久しぶりだった
普段は毎日が仕事に追われて1日が24時間では足りないと思ってたのに
久しぶりにあった彼女はなにも変わってなく、寂しかったよって言ってくれた
自分も10日ぶりの顔を見た瞬間は嬉しさをこらえて変な顔してたと思う
彼女がいてくれれば自分はこれ以上何もいらないと心から思えた

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 12:35
しかしそんな浮かれた気持ちですごせる日は長くなかった

自分が仕事でトラブって落ち込んでる時に何気なく言った言葉

  「辛い・・・死にたいくらい・・・辛い・・・」

その言葉が全てを狂わせた

自分の言った一言で今までの楽しかった日々は終わりを告げた

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 12:41
その日は自分が何年間もかけて寝る時間も削って積み上げてきた
仕事、信用、支えてくれた仲間を一瞬で失った日だった
本当に今、この世界で1番不幸な人間は自分だと思った
彼女の言えなかった真実を聞かされるまでは

彼女は電話越しに精一杯明るく僕に聞いた
「もっと悲惨な話聞きたい?落ち込んでも知らないけど聞きたい?」
今の自分より悲惨な話などある訳が無いと思ったので
慰め程度の話だろうと思って聞いた

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 12:50
「前にお父さんがC型肝炎って話ししたよね?あれ本当は私のことなんだ」

僕にはその時彼女の言っている意味が理解できなかった
そこからゆっくり彼女は今まで言えなかった真実を話し始めた
20歳の時に体調がおかしくなり病院に行ったらC型肝炎と言われたこと
インターフェローの治療やその時に出来る限りの治療はしたこと
治療の結果が出るまでに5年かかること
酷い時は血便が止まらなくって死の恐怖と毎日戦ってたこと
僕を慰めようと必死で明るくまるで笑い話の様に話してくれた
彼女の話の途中から自然に涙が出てきて止まらなかった
今まで言い出せれなくってごめんね、とも言ってた


12 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 12:56
話を聞きながら自分の言った言葉に後悔した
自分はなんて情けない人間だろうと・・・
死と向き合って自分の運命を受け止めて毎日精一杯生きている彼女に
申し訳ないことを言った最低な人間だと何度も思った

電話を切ってから泣きながらググった
    C型肝炎
すぐに山ほど見つかり片っ端から時間のある限り目を通した
そこで見たのはインターフェローの治療の成果や生活で気を付けること
今、現在C型肝炎と戦ってる人や遺族のかたの日記
そのなかで見た治療の成果30パーセントという数字

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 13:05
「30パーセントって・・・」
イマイチ理解出来なかった
過去にスロットをよく打ってたときに設定6が1/240だったよな?
それにくらべたら・・・と必死で自分に言い聞かせた
しかしスロットのボーナスと人の命は重みがまったく違う
まして自分にとってこの世界で1番愛する人の命・・・
半日パソコンに張り付いて少しでも自分の安心できることは書いてないか
探しまくったけど、どこを見ても書いてあることはほとんど同じ
何も考えれない・・・考えたくも無かった
あと3年でいなくなるかもしれないという事実を受け止めれない
酒を飲んでも酔わない、眠くもならない
考えることは一つだけ・・・

神様って本当にいるの?どーして俺みたいなろくでなしが5体満足で
彼女のようなマジメな人が病気になるの?

今まで神様なんて信じてなかったし祈ったことも無かった

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 13:15
その日の夜、少し落ち着いたので彼女に電話してみた
いつもと変わらない彼女が電話に出た
「なんで今まで言ってくれなかった?」
聞いてみたら接し方が変わるのが嫌だった・・・
自分でも今は調子がいいから病気だなんて忘れてるくらいだとも言ってた
真実を打ち明けられてから自分なりに考えたことを全て伝えた
仕事をやめてゆっくりしよう。一緒に少しでも長くいて欲しい。
旅行にでも行こう。沖縄や北海道に美味いもの食いに行こう
病院ではなんて言われてるのかも聞いた
子供を生むことは無理だと言われたこと
なんでも好きなことをしなさいって言われたこと
なんでも好きなことして良いって言葉の意味が解らなかった
それは先が見えてるから後悔しないように
やりたいことをしろってことかと思った
自分なりに出来る限り調べた事も伝えた

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 13:24
前に結婚しよう、って言ったことをもう一度伝えた
答えは
「・・・・・」
だから前に言われた時も答えれなかったんだって言われた
自分は気がつかないうちにどれだけ彼女に辛いことを言ってきたのか
彼女は自分自身と向き合ってる
自分は今まで嫌な事があると逃げたこともあった
でも今回は逃げない、今まで一緒に飯を食ったり酒を飲んでたけど
それも彼女の体には負担だった
これからは禁酒するから一緒にしよう、タバコもやめる
一日でも長く元気でいて欲しい
思ったことをすべて伝えれるだけ伝えた

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 13:30
電話をきったあとメールが来た
禁煙はもとから吸わないから余裕だよ!
禁酒は・・・ちょっとずつ頑張る!
僕はすぐにメールを返した
「今から俺も禁酒、禁煙するから同じように今から辞めて」
返事はすぐに返ってきた
「うん。解った、頑張るね」
嬉しかった、今まで毎日、接待や付き合いで飲んでた自分が約束したからには
どんな理由であろうと辞めようと思った

しかし、そんな前向きな日々はすぐに終わりが来た

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 13:35
それまでは毎日来てた電話やメールがだんだんと減っていった
毎日が2日に1回、3日に一回・・・
だんだんと不安になっていく・・・
何気なく電話しても出ない・・・掛けなおしてもこない・・・

何かあったのかな?体調くずしてないかな?
そーいえば最後に電話で喋った時もまだ風邪が治ってないって言ってたな
気がついたら1週間たってた
その間も自分からは毎日メールしていた
「心配だよ、体調悪いの?仕事が忙しいの?」
そのうちに不安が抑えきれなくなりついに
「明日まで待って連絡がなかったら探しにいくよ」
メールで送った

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 13:40
その日の夜中にメールが届いた

連絡できなくってごめんね
いろいろあって忙しかったから今まとめてメール見た
今の貴方の気持ちは私には重すぎる
私には仕事が一番大切、その気持ちは変わらないよ
貴方は?・・・
不安なのは私のことじゃなくって自分自身のことじゃないの?

ショックだった

連絡が取れないのに不安になってもいけないの?
それが重いって・・・なんで?
慌てて電話したが圏外だった・・・

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 13:45
しかたなくメールで思っていた事を文章にして伝えた
10日も電話かけても出ない
メールの返事も無い
電話も掛かって来ない
心配するのはあたりまえでしょ?
愛する人が突然連絡取れないのに普通でいられないよ
これで終わりなんて嫌だよ
すぐじゃなくていいからメールでいいからしてね

次の日の朝、メールが届いた

確かに落ち着いてないのは私かも
落ち着いたら電話するね

安心した



20 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 13:52
彼女から連絡は来た
でも、この先どのように接していけばいいのか解らない
相手の気持ちが重たくなるとたえられないと
前に言っていたことを思い出した
人を愛するのに重たく感じられないようには出来ない
自分が愛してるからこそいろいろ支えてあげたい
いっぱいいろんなことがしてあげたい
ずっとそばにいて欲しい
でもそれを受け止めてもらえない

これからどうすればいいのですか?


21 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 13:59
あんなに自分を犠牲にして家族思いの彼女がどうして苦しむのですか?
彼女は幸せになってはいけないのですか?
僕には彼女を幸せにすることも許してもらえないのですか?

もし、この世界に神様がいて
僕と彼女が見えてるのなら教えて欲しい

僕は彼女に幸せをもらった
今度は僕が彼女に幸せを与えてあげたい
それくらい許してもらえませんか?

なぜ苦しむのは僕みたいないい加減で誰にも必要とされてない
人間でなく、家族や友達に愛されてる彼女なんですか?

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 14:09
いつ終わるか解らないけど、もとには戻れない
自分が彼女にどの様に接していけばいいのか解らない
彼女を愛したら愛しただけ彼女には負担になる自分がいるのが解る

今なら多少は落ち着いて書けると思ったので
書いてみました

本来なら自分の日記などに書くのが筋かもしれません
にちゃんねるを勝手に使ってすみません
もしかしてここに書いておけば将来、落ち着いて読み返せるかと
思ったので書かせていただきました



23 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/03/10 14:25
このスレを最後まで読んでくれた方へ

僕はこのスレに今後書き込むことは無いと思います
これを読んでネタだと思う人は思ってください
書き込みしていただいてもレスを返すことは無いと思います
くだらない文章に最後までお付き合いありがとうございます



13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)